ニキビの治療法について

ニキビで悩んでいるという方は多いのではないでしょうか。

 

 

ニキビと一言で言っても、さまざまなニキビのトラブルがあると言えるでしょう。

 

 

思春期の特有のニキビの症状やトラブルだったり、あるいは大人ニキビという形で、大人になってから、ニキビに悩まされてしまうこともあります。

 

 

また、産後のホルモンバランスなどの関係によって、ニキビが増えてしまったり、ストレスなどが原因で、ニキビを繰り返してしまうこともあります。

 

 

しかし、ニキビが出来てしまった場合には、治療法はほぼどれも同じであり、それほど違いはありません。

 

 

そこで、ニキビの治療方法には、どのような方法があるのでしょうか。

 

 

まず、ニキビを根本的に治療をするためには、皮膚科で薬を処方してもらい、それを塗り続けるという方法があります。

 

 

しかし、皮膚科で、ニキビの塗り薬を処方して貰ったとしても、それを塗ったらすぐにニキビが消えるというわけではありません。

 

 

ニキビがだんだんと小さくなり、そしてお肌の状態がよくなり、ニキビがよくなっていくまで、大体一ヶ月程度はかかるといわれています。

 

 

ニキビの薬には、抗生物質などの塗り薬や、ニキビ専用の治療薬などを処方されます。

 

 

ニキビの場合には、ステロイドを塗ると、さらにニキビが悪化してしまうことがありますので、この場合には、ステロイドはあまり処方されません。

 

 

しかし、炎症を起こしていて、かゆみがある場合には、適宜ステロイドを塗るように指示されることもあると言えるでしょう。

 

 

さらに、ニキビを治療するためには、外用薬で治療をするだけでは、完全とは言えないと言えるでしょう。

 

 

それはなぜかというと、ニキビは身体の中から出来てくるものであり、また外用薬を塗るのを辞めてしまった場合に、悪化してしまうことがあるからです。

 

 

まず、ニキビの原因に睡眠不足やビタミン不足があります。

 

 

このため、睡眠不足を実感している方は、なるべく早めに睡眠を取るように心がけて、夜更かしをしないように心がけるようにしましょう。

 

 

昼夜逆転の生活をしていたり、夜更かしをしている方はとても多いですが、これはお肌にはとても悪いですし、ニキビ治療をしていても、なかなかニキビが良くならなかったりする原因になります。

 

 

このため、まずは自分の生活習慣を見直してみましょう。

 

 

また、栄養バランスが乱れていたり、油ものや脂質などを多く取り過ぎたり、ビタミンが足りていないことで、ニキビが酷くなることが多いです。

 

 

これを見直しましょう。

 

 

周期ニキビ 化粧水